--- ads by google ---
--- end of ads ---

せっかく買ったので、Lightning to USB Camera Adapterでいろいろ繋いでみました。

まぁ、あんまり役には立たない感じなのですが…

マウス→ダメ

これは消費電力云々じゃなくて、iOS自体がマウスを操作系の中に考慮されてない模様。

次。

USBメモリ→ダメ

消費電力が大きすぎる模様…というかUSBメモリ程度でダメって言われると…もともとUSBって5V-0.5Aしか給電しないのに、それでもダメっていうのは厳しい…

メモリーカードリーダー→ダメ

USBメモリと同様、電力不足。

ストレージ関係は、そのままじゃ使えないのが多いですね。

有線LANアダプタ→ダメ

これもサポート外。

有線LANは、ケーブルを接続できればセキュリティ無しで接続できるので、状況によっては便利なんですがね…無線LANの混雑してる場合でも安定接続できますし。

ACアダプタ付USBハブ→OK

というわけで、どうやらLightning端子は、USBアダプタ経由の給電を考慮した設計とは言えないようで、しからばACアダプタ付のUSBハブを使ってみれば如何だろうかと。

USBアダプタ—USBハブ(ACアダプタ付)—メモリーカーリーダー(SDカード)


--- ads by google ---
--- end of ads ---

こうして接続してみたところ、ようやくiPadに写真読み込みのメニューが表示されます。

これで写真の取り込みにも、なんとか対応するんですが、AC電源あるとこじゃないと使えないというのもハッキリしました。

これだと外に持ち出して、デジカメで撮った写真をiPadで確認ってのは出来ません。

その用途には別の機材が必要そうです。

DVDドライブ→ダメ

ついでにDVDドライブも接続してみましたが、そもそもハードウェアとして対応してない模様。

市販のiPad対応DVDドライブって、どうやって対応してるんでしょう…と調べてみたら無線LAN経由で接続してる模様。

なるほど…

基本はAC電源ありき

電源の無い場所で、写真の取り込みをやりたいのなら、もう一つSDカードアダプタが販売されてるようなので、そっちを利用するしか無さそう。
昔の30pinの時代はUSBアダプタとSDカードアダプタセットだったんですがね。

前に投稿したUSBアンプも含めて、USBアダプタの活用法としては、あくまでAC電源のあるところでの活用というのが基本のようです。

もしくはバッテリー駆動の機材であるとか、iPadからの給電に頼らないデバイスを考えないといけない模様。

いろいろ工夫が必要そう。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---