--- ads by google ---
--- end of ads ---

iPad(2017)にケース装着いたしました。

iPad(2017)はiPadAirと外形寸法が一緒ということで、ケースも旧製品のが流用できるかと思ってたんですが、音量ボタンまわりのレイアウトが異なるため、どうやら使えるのは限られるそう。

おなじみの国産メーカーのをちらちら見てみましたが、どれも妙に高い…ケースで5,000円とかするのもあって、それってケースが傷むのがもったいなくて、さらにその上から保護しなきゃ…みたいな感じになりはしないかと。

そもそも、まだiPad(2017)対応製品がほとんど無くて、店頭では一個も見かけず。

というわけでネット通販で、安い中華製のケースを購入いたしました。

ESRとか言うメーカー

装着感はサイズぴったりで問題なし。

端子、スピーカー、カメラやボタンの位置も正確で、電源、音量ボタンはケースの一部が可動して本体のボタンを押す仕組みだけど、これらの操作感も良好。

フロントカバー部のマグネットもちゃんと機能してて、カバーをあけてロック解除もちゃんと効く。

カバー部折りたたんだ状態で、きちんとスタンドにもなります。
よっぽど乱暴にタイピングしない限り安定もしますし、動画視聴にも便利。

機能的にも、本体保護としても、十分に役割を果たしてくれます。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

安っぽさが良い

そして何より気に入ったのは、この安っぽさ。
いや、ほんとに安いんですが、それを取り繕うこともなく、そのまま安っぽく仕上げています。

背面の透明カバー部は、梨地処理こそされてますが、iPadの本体色を活かしてるわけでもなく。

フロントカバー部のカラーリングはシルバーとありましたが、これはただのグレーです。
素材も只の合皮っぽい。

高級感は全くなく…ただiPad本体をくまなく包んで、操作性を確保しました…というホントに只のカバーケース。

いや、しかし、これこそ本物のカバーと言えるじゃなかろうかと。

そもそもカバーとかバンパーとかのアウターアーマーというのは、自分が傷ついたり傷んだりすることで、中の機材を守るのが役目。

妙に外観を向上させてしまったが故に、せっかくケースを装着してるのにやたらと慎重に扱わなくてはいけないっていうのは本末転倒。

別に他の人に見せびらかすために装着したわけじゃないので、こーゆー安っぽさは大歓迎です。

どんどん使って、どんどんボロボロ、傷だらけにしていこうかと思います。

何か目立つ傷でもついたら、ステッカーチューンでもすればいいんですから、楽しんでいきましょう。

ケースとしての役割…全うさせてあげます。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---