--- ads by google ---
--- end of ads ---

ノートパソコンだと、スリープに入る場合は、液晶画面を閉じればいいんですが、デスクトップではそうもいきません。

通常は、電源ボタンを押せばスリープさせるように設定するのが一般的。
これはコントロールパネルで設定します。

ただし、デスクトップの場合、本体を奥まったところに置く場合もありますし、電源ボタンを押しづらい場合も多々。

その場合は、スタートボタンからスリープ操作をします。

ところが、そーすると、スリープから復帰した時に、なぜかスタートメニューが表示されたままの状態で復帰します。

別に実害はないんですが、たぶんWindows史上、こんなスリープ復帰をするOSは初めてなんじゃないですかね?

なにか気持ち悪い

というわけで、Windows10でスリープに入る時は、自分はキーボードショートカットを駆使して操作してます。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

1.Windowsキー + M [すべてのウィンドウを最小化]

2.Altキー + F4 [アプリケーション/Windowsの終了]

3.↑キー [メニューからスリープを選択]

4.ENTERキー [決定]

これでマウスも電源ボタンも使わずに、キーボード操作だけでスリープさせることができます。

復帰後にスタートメニューが表示させることもありません。

これが役立つユーザーというのは、ほんの一部でしょうが、よろしければご活用くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---