--- ads by google ---
--- end of ads ---

SketchBook Proなら、PC連携も、本格的なイラストもOK

前回エントリのBamboo Paperアプリが思いのほか便利に使えているので、もう少し本格的にイラスト制作ができるアプリも調べてみました。

SketchBook Pro

以前にセール時に購入(現在は500円)したものの、絵心がないこともあってあまり使われずに放置されてたアプリなんですが、意外なほどに高機能です。

ちゃんとしたイラストを仕上げることを目的に作られてるようで、ペンの種類も豊富でうし、ちゃんとしたカラーピッカーもありますし、一定レベルのイラストを仕上げるに十分な機能がありそう。

2014-08-20 13 37 18

さらに、レイヤー機能も使えますので、試行錯誤をしながら描きあげる方にも十分対応できる内容。

2014-08-20 13 37 14

Dropboxはインポート、エクスポートに対応

そしてPCとの連携機能も豊富です。
Bamboo Paperでも紹介したDropboxとの連携はエクスポートのみならず、インポートにも対応しています。
そして驚いたことにPSDファイル形式でのやりとりが可能になってます。

2014-08-20 13 02 54


--- ads by google ---
--- end of ads ---

2014-08-20 13 02 49

ということは、途中までタブレットで書いたラフ原稿を、PCに取り込んでPhotoshopなりのレイヤー対応ソフトにそのまま読み込めば、レイヤーを含めて編集可能ですので、非常に高いレベルでの制作につなげることもできると…そういうコトになります。

タブレットペインターになれる!

絵描きさんといえば、大きな画材を背負って、風景の前でひたすら地道に書き上げる姿が思い浮かぶわけですが、SketchBook Proを使えば、描画サイズでは劣るモノの、本格的なスケッチをタブレットのみで描くことができます。

もちろん足りない部分は、自宅に戻ってPSDファイルで読み込んで続きを仕上げればいいわけですから、誰でもタブレットペインターになれちゃうわけです。

もちろん、本格的な画材とは同じレベルのモノになるとは限りませんが、荷物にタブレット一つ持っている状態で、どこでも描けるというのは、今までよりも制作の幅が広がることも意味します。

こうしたスタイルは、今までのアナログ絵師さんとも、PCペインターさんとも、違ったアートを生み出せる可能性がありますので、ぜひとも絵心にある方は試してみてはどーでしょうか。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---