--- ads by google ---
--- end of ads ---

ASUS PH-GTX1050-2Gの動作チェック

ASUS PH-GTX1050-2Gグラボ購入。

中古パーツということで、発送まで4~5日と表示されてましたが、翌日には出荷になりまして、姫路から秋田へ翌々日には到着いたしました。

箱も備品も揃ってて、本体も美品。
中古は当たり外れが当然あるんですが、今回は運もよかったようです。

さっそく取り付けを行って動作確認です。

GIGABYTE GA-H61M-USB3-B3 ver2.0

うちの自作PCは、2台とも延命に延命を重ねてきたこともあり、どちらもかなり昔のCPU&チップセットなので、最新のグラフィックボードが動くかどうか、少々不安を感じてたのは確か。

PCI Express(x16)の規格も購入したグラボは3.0ですが、うちのPCはどちらも2.0どまり。

もちろん規格上は問題ないんですが、やはりパーツの相性というのは存在するわけで。
とりわけ、世代の違うパーツを組み合わせた場合にその影響が出るコトは、そんなに珍しくはありません。

というわけで、相性確認の意味も込めて2台ともに取り付けて動作確認してみました。

最初はCore-i7 3770 CPUとIntel H61 Express チップセットのマザーボード。
うちで一番古いCPU&マザーボードの組み合わせで、一番相性の出やすい自作PCですが、こちら何の問題もなく起動しました。

こちらは確認だけだったので、ドライバはWindowsUpdateからしかインストールしませんでしたが、FHDで問題なく動作します。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

GIGABYTE GA-F2A75M-HD2 ver1.0

続いてこちらは、本来取り付ける予定の自作PC。

Trinity世代のAMD A8-5500 APUに、AMD A75チップセットの組み合わせ。
上の自作PCよりちょっとだけ新しい世代の機種です。

で、こちらも動作には何の問題もありませんでした。

こちらはNVIDIAのホームページからドライバー一式をフルインストールしましたので、たぶん3Dゲームの類(GTX1050なので軽めのやつ)も、きちんとこなしてくれそうです。

どちらも7,8年前のCPU、マザーボードで組んでいる自作PCでしたが、最新のグラボでも問題はなさそうです。

新モニタはじっくり選定します

これでDL-DVI、HDMI2.0、DisplayPort1.4で、最大8Kまでのモニタに接続できる準備ができましたので、いよいよモニタの選定を進めていこうかと思います。

理想は今なら4Kなんですが、まだまだ高いですしね…27インチWQHDあたりがねらい目ですが、ときどき特価品も出たりするでしょうし、少し余裕を持って機種選定、進めていこうかと思います。

綺麗な大画面…手に入れたいですし。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---