--- ads by google ---
--- end of ads ---

英語キーボードシールでJISキーボードをUSキーボードに

ここのところiPadOSの使い勝手をいろいろ研究して、それなりに作業フローを回せる部分が広がってきました。
とはいえ、その操作方法は、もう直観的とか使いやすいとかそんなレベルのお話じゃなくて。
けっこー自力で使い方を発明していかないと、まだまだ使い物にはならんなーというレベルです。

でもって、そうなるとやっぱり外付けのキーボードは必須です。
専用品を買ってもいいんですが、本気で入力するときはPCの方が圧倒的に入力効率いいので、とりあえずずいぶん昔に買って放置してたBluetoothキーボードを接続することに。

iPadにつなぐとUS配列になる

でもって困ったのはコレ。

キートップはJIS配列のくせに、そのとおりに入力できるのはPCやMacにつないだときだけ。
iPadにつなぐとUS配列で入力されてしまいます。
@や=を入力するときに「どこだー」ってなるやつです。

何とかならんかと思ったら、英語キーボードシールなるものが見つかりました。
本来はキートップの印刷が薄くなったのを補修する向けらしいんですが、今回みたいにJIS->USの表記変換にも使えそうということで、試しにポチってみました。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

実際届いてみるとけっこー固めのシールで、一度べったり貼ると簡単には剥がれなさそうで目的にはかなう感じ。

ただ、今回みたいにモバイル向けのキーボードだと、キーよりシールの方が大きいこともありそうな微妙なサイズ。
必要ならハサミで切ってもいいんですが、綺麗に張り付けるのも難しかったですし、あくまで間に合わせ用って感じです。
そこまで望んじゃいけない。

うちの場合は死蔵してたBluetoothキーボードだったんで、少々雑でもiPadで使えればいいかって感じですが、綺麗なキートップが欲しい方は、それなりなUS配列のキーボードを所望された方がよさそうです。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---