--- ads by google ---
--- end of ads ---

さて、今回のiPad(2017)への更新にあたっては、一番の動機は音楽関係の充実。

というわけで、さっそく身近な機器への接続確認始めます。

まずは、USBアンプとの接続確認ということで、このblogでは何度も紹介してます、YAMAHAの往年のUSBアンプ、RP-U100にアダプターを介して接続します。

古い機材ではありますが、USB AUDIO 1.0準拠デバイスの接続確認ということで。
最近は、ほぼ2.0になってて該当デバイスは僅かなんでしょうが、個人的にはいい音鳴らすアンプなので、一番に検証してみました。

USBアダプターが必要

iPadにUSBアンプなどのデバイスを接続するには「Lightning to USB Camera Adapter」が必要になります。

このUSBアダプターケーブルに、通常のUSBケーブルを繋いで、それをUSBアンプに接続します。

一つ注意点。

これをAmazonで購入しようとすると、検索トップに類似品が登場するようで、レビュー見てると、けっこうトラブルが発生してる模様です。

正しい型番が「MD821AM/A」

— ads by amazon —


--- ads by google ---
--- end of ads ---

心配な方は、Apple製品を取り扱う家電量販店に行って対面販売で購入した方がいいかも。

問題なく使えます

接続は簡単なので、すぐに繋いでみます。

個体差なのか、はたまた仕様なのか…けっこうUSB側の差し込みが固めで、ぐいぐいと押し込まないとUSB端子が入っていきません。

—2017/4/7 追記 — 最初の記事では、ここで警告メッセージ出ましたが、どうやら不良品だったらしく、交換後、そうしたメッセージもなく、きちんと動作しました —

実際、音楽や動画を再生してみると、問題なく音声がUSBアンプから出力されます。
RP-U100のディスプレイにも、ちゃんとUSBランプが点灯してます。

他にも、いくつか接続したい機材があるので、後々検証していきますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---