--- ads by google ---
--- end of ads ---

UbuntuでもChromeブラウザを使う

Ubuntuを使い始めて2週間ほど。

ブラウザとしてFirefoxが使えるので、ほとんど不自由はないんですが、Googleのサービスを利用するにあたっては、やっぱりChromeも使いたくなります。

Ubuntuソフトウェア(Ubntuのアプリストア)には、Chromeは用意されていないんですが、実はChromeのホームページから、普通にインストール可能です。

Chromeのホームページで「CHROMEをダウンロード」ボタンを押せば、パッケージの選択画面が表示されるので、Debian/Ubuntu用を選択して「同意してインストール」を押下。

続いてダウンロード画面が表示されるので「プログラムで開く:ソフトウェアのインストール」を選択したまま「OK」を押せばダウンロードが始まりますので、しばし待ちます。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

ダウンロードが終了すると、インストール画面が表示されるので「インストール」を押せばChromeがインストールされます。

ちなみに、うちの環境では、なぜかすぐにインストールが完了せず、アプリケーションの一覧の中にChromeが表示されなかったので何度かインストール作業を繰り返して、ようやく表示されました。
もしかすると、表示されるのに時間がかかっただけで、少し待てば1回のインストールで良かったのかもしれませんが、古いPC(Core2 Duo)の再利用なので、このへんは動けば良しとします。

外とやりとりする以外の文書や資料の作成はGoogleのオフィスを多用してるので、PCやスマホ、タブレットに加えてUbuntuでも利用できる環境が整いまして、これでかなり実用性も向上しました。

自宅内モバイル用には、ほとんど不足がなくなりまして、非常に良い環境です。

ThinkPad X200とか、10年前のモバイルノートでも、Ubuntuをインストールしてこれだけできるんですから、技術の進歩(ハードじゃなくてソフト)は、ありがたいです。

— ads by amazon —

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---