--- ads by google ---
--- end of ads ---

IMAPで動作するiOS用メールアプリは?

ここ数日で、iOS用のIMAPでアクセス可能なメールアプリをチェック(というかサーバーとの動作確認)をしてきましたが、どうもIMAP設定可能で、かつ無料のソフトというと、このぐらいのようなので、ここらでまとめておきます。

ちなみに、より具体的な環境としては、さくらインターネットのレンタルサーバー(スタンダードプラン)において、独自ドメインで運用しているメールサービスに確実にアクセスできることが条件です。
詳しくはこちらを参考に。

MoltoかCloudMagicがオススメ

最初にチェックした2つのiPad専用メールアプリが、最も機能的に優れているという結果になりました。

Moltoは、メールをパネル状に表示して、画像が添付されている(HTMLメールなど)場合や、ホームページへのリンクが入っている場合は、パネルの中にプレビューされるなど、一覧性に優れます。
プレビュー程度のメールを確認しながら、必要なメールをどんどん探していくのに向いているUI設計です。

それに対して、CloudMagicはオーソドックスなメールアプリのUIで作り込まれていて、使い方に迷うことはないはずです。
それでいて、リスト表示欄を左右にスライドさせることで削除、アーカイブ、未読を素早く指示できるというユニークな機能があるので、Molto同様、プレビューだけを見てどんどん処理していくという使い方にも向いています。
ただ、プレビュー領域が小さいので、多くの場合はメインカラムでメールを確認しながらのメール処理になるとは思います。

いずれにしても、IMAPでのメール同期(受信)、およびメール送信も行えましたので、どちらか好みで使っていただいていいかと思います。
自分はデザイン上の好みからCloudMagicを使おうかと思っています。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

ただし、CloudMagicは最大5アカウントまでしか管理できないそうなので、それ以上のアカウントを持っている方であればMoltoを選ぶことになります。
Gmail、Outlook、Yahooメールに関しては専用クライアントもあるので、それぞれ切り分けて使うのもありだと思います。
そのへんは工夫していただければ。

送信が怪しいLightMail

LightMailは、シンプルなiPhone用メールアプリで、と好みだったのですが、送信済みのメールがIMAPの送信済みフォルダに格納されないなど、ちょっと妙な挙動があったのために今回の採用にはなりませんでした。
自分の場合は、PC、iOS、Androidとマルチデバイスでメールにアクセスするつもりですので、IMAPの挙動には完全に準拠したアプリを優先しました。

他はIMAPで動作せず

mailboxはもともと未対応。
evomailはIMAP対応が不完全なのか、メールサーバーに接続できず。
seed mailは同期(受信)は上手くいくものの、送信ができず。

このあたりのメールアプリのチェックの時は、そもそも送受信に問題があるという状況で、ほんとにIMAPやSMTPって標準規格なのかと疑いたくなるような有様でした。
メールサービスは、インターネットのスタートの頃から続いているサービスですが、未だにこんなところで動作不良が起こるというのは、納得いきません。
アプリの実装が悪いのか、iOSのAPIが不安定なのかは分かりませんが、標準規格に準拠したメール送受信に支障があるようなアプリは、早々に修正するか、アプリストアから引っ込めて欲しいと思うところです。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


--- ads by google ---
--- end of ads ---